蔵のGALLEY

 私がスタジオとして使わせていただいているのは、かって松坂城内にあった米蔵である。
ここでの時の流れの単位は百年である。
 大きな構造材は他の建物からの使い回しであったりするから古いものは四百年もの時を経ている。
スペースの真ん中には御覧のように、巨大な欅の柱がその存在を主張している。
撮影のスペースとしては人物であればかろうじて全身の撮影ができるくらい、
もちろんライティングのスペースは極端に制限される。
 しかし、この空間は百年単位の時を浮遊できる無制限の空間でもある。